ユーザーがコスメ用品を購入する際、色味や使用感は雑誌やHPでは伝わりづらく、また店頭テスターも誰が使った後か分からないため使用しづらいという課題があり、特にその課題が大きく表れる商材がリップでした。

そのためリップはコスメの中でもイメージしていた色味と違うといった購入ミスや、ドラッグストアまたはバラエティショップでのリップ購入を検討するケースが多くみられます。

この課題に対し、吉田朱里YouTube動画でのレビューで解決できるのではないかと考えました。

そこで、今回は吉田朱里のリップレビュー動画を見たユーザーの態度変容を調査した事例をご紹介します。

調査概要

調査対象動画

【キャンメイク】新作♡プチプラ高発色リップレビュー Lip Gloss Review

若者に人気のブランド『キャンメイク』のリップの複数カラーを比較して紹介している動画です。この動画をターゲット層であるユーザーに視聴してもらい、実際にアンケート調査を実施しました。

その結果を以下に記載していきます。

調査方法・調査対象

調査方法:インターネット(モニター調査)

調査対象:メイクに興味のある15-29歳の女性300名

 

調査内容について

色味について

動画を視聴して、商品の色味が伝わったと感じたユーザーは96%!

まず一番の課題であった、使用した際の色味を本当に動画で伝えることができたかを調査しました。

その結果、動画を見て商品の色味を把握できたと感じたユーザーは、96%にもおよびました。

アンケート調査のなかでも、「実際に唇に塗ってどんな発色をするのかが分かったしポイントも伝えてくれてるのでとてもわかりやすかった。」という意見が上がり、吉田朱里のレビューはによって商品のポイントが動画視聴者にしっかり伝わっていることが分かる結果となりました。

 

 

他媒体比較

動画で伝わる色味は、商品サイトと雑誌などと比べて分かりやすいと感じたユーザーは88%!

 

次に調査した項目は、他の媒体(例えば、雑誌やWebサイトなど)と比べてどう感じたかを調査しました。

この質問に対する回答で、88%のユーザーが他の媒体に比べ動画の方が伝わりやすかったと回答。

写真では伝わらない動いた時の色の見え方やアップと引きの映像、また吉田朱里YouTubeならではの吉田朱里が実際に使用してみて感じたことを率直に伝えている点がユーザーから高く評価されました。

この結果は、ただ商品のメリットを伝える広告ではなく、吉田朱里自身が実際に使用し、感じたことをユーザー目線で伝える動画だからこそ得られた反応だといえます。

実際の声を一部抜粋してご紹介します。

・動画だと雑誌やサイトの画像よりも動きがあるからリアルでより色味がわかりやすい(10代後半)

・サイトや雑誌ではプロモーションの役割もあるため、基本的にポジティブ面しか記載がないが、動画では調節しないと色味が付きすぎるなどのデメリット面なども伝えてくれるため。全体の印象が理解しやすかった。(20代前半)

・実際にやった投稿者が色の出方だけでなく、塗った時のベタベタするか、ティッシュで落ちるかなど疑問に思うことを全部やってくれたから。(10代後半)

・実際に塗ってる様子や、アップと引きの映像、ティッシュオフした感じなど、様々な視点から見ることができるからわかりやすいと感じました。(20代後半)

動画の感想

動画を見たユーザーは実際にどう思ったのか、率直な動画の感想も調査してみました。

その結果、「色味が参考になった」と回答したユーザーが68%、続いて「使用感が想像できた」と回答したユーザーが57%になりました。

一番の課題であったリップの色味について参考になったユーザーが多くいること、また動画だからこそ伝えることができるリップの使用感もしっかりユーザーに訴求できていることが読み取れる結果となりました。

こちらも実際にあがった意見を一部抜粋してご紹介します。

・色の比較や付け心地、色の出具合から、くちびるの状態やクレンジングに至るまで網羅した説明だったから。(20代前半)

・実演することで使用感がものすごく伝わった。 またいつも気になることを全部試してくれたから(20代後半)

・実際の色味やチップの形状、どのような状態の唇だと綺麗に発色するかなど、店頭で封をして販売されている状態の商品ではわからないから。(20代後半)

・美容成分が入っていると伝えてくれたところや最後に塗る量を調整すればよいなど使用時に役立つアドバイスが聞けたから(20代前半)

・色味の調節の仕方や、着け心地など、実際に使ってみた人にしかわからない点を詳しく説明してくれていたため、実際に自分が使うときのことを考えながら動画を見ることができた。(20代前半)

・色味の比較や実際に塗ってみた感想、メリット面だけでなくデメリット面まで使って教えてくれていたので、見てとても参考になりました。(20代後半)

 

動画視聴後のユーザー反応

では、実際に動画を見たユーザーがどういった行動を起こしたのかを調査しました。

その結果、吉田朱里の商品レビューを見た37%のユーザーが「商品を購入したいと思った」と回答

また34%のユーザーが「WEBで調べたいと思った」と回答しました

また吉田朱里のレビュー動画を見て実際に何かしらの行動を起こしたユーザーは、全体の半数以上にのぼりました。

この結果は、吉田朱里がファンと日ごろから密接に関わりを持ち、信頼を得ているからこその態度変容ではないかと推測されます。

以下が、アンケートに寄せられたコメントの一部です。

・メイクはあまりしないが、興味が湧いた。やり方もそんなに難しそうじゃなかった。(10代後半)

・商品の写真だけを見て自分で決めるより、実際に使っている方を見ると、いいなと思うようになった。(20代前半)

・あまり、メイクに興味がなかったが、こういう紹介されているものだと、お墨付きみたいで買いやすいから。(20代前半)

・動画を見て色味や使用感を見たり聞いたりした上で再度自分にはどの色が合うのか一回ウェブでまた一覧を見たいと思った。(20代前半)

・メイクの方法が気になったから。また、この商品について質問されたら、この動画を参考に返答したい(10代後半)

・購入とまでは行かないけれど、実際に購入の候補に入れ、実際に店頭まで行ってみたいと思った(20代前半)

 

まとめ

ここまでの調査を振り返りまとめると、

1. 動画視聴後、商品の色味が伝わったと答えたユーザーは96%

2. 動画で伝わる色味は、商品サイトと雑誌などと比べて分かりやすいと感じるユーザーは88%

3. 吉田朱里の商品レビューを見て抱いた印象は、「色味が参考になった」が68%「使用感が想像できた」が57%

4. 吉田朱里の商品レビューを見た37%のユーザーが「商品を購入したいと思った」、また34%のユーザーが「WEBで調べたいと思った」と回答

という結果になりました。

このことから吉田朱里の動画では、商品の訴求ポイントを明確に伝えられている上に、商品理解後の購入意欲促進に大きく貢献していることがいえます。

毎月様々なクライアント様とタイアップ実績がございますので、ご興味のある方は、ぜひお問い合わせくださいませ。

お問い合わせ先
株式会社ベルロックメディア YouTubeタイアップ動画セールス
担当:西林・鎌田
電話番号:03-5155-0460