「CODプロ対抗戦」でも日本最強の座に輝いた「Libalent Vertex」のデータアナリストを担当している「WENGER 9」に初心者から熟練者までどのように今回の新モードを戦い抜いていくべきかを聞いてみました。 全プレイヤー必見の解説となっていること間違いなしです。それではどうぞ!

「Call of Duty: Black Ops 4」の発売から早くも1ヶ月。
さて、今回のBO4でも目玉となっていた新モード「BLACKOUT」が各所でもかなり流行ってきているの感じます。
日々配信等で1位を取っているプレイヤーもいればそうでもない方もいる中、特にソロだとプレイヤースキルという面に注目が集まりがちですが実はこのモードでもしっかりと「戦略」を考えていく必要があります。
ということで、今回は先日の「CODプロ対抗戦」でも日本最強の座に輝いた「Libalent Vertex」のデータアナリストを担当している「WENGER 9」に初心者から熟練者までどのように今回の新モードを戦い抜いていくべきかを

・ゲーム通してのポイント
・シーン毎の戦い方
・キープすべきアイテムとパーク
・ソロとチームそれぞれの立ち回り

という視点からズバリ聞いてみました。
全プレイヤー必見の解説となっていること間違いなしです。それではどうぞ!

今回の解説者

「WENGER 9」


よしもとゲーミング所属のプロゲーマー。
「Libalent Vetex」ではデータアナリストとしてチームを支える。
コール オブ デューティーを誰よりも愛し、チームのみならずコール オブ デューティー界隈を盛り上げるべくeスポーツ芸人として、動画配信者として、日夜奮闘中。

Twitter
@suimasen_desia
OPENREC
https://www.openrec.tv/user/LS_koike
Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCkUPiYxhHMu5xUh0tTxRtxA

ゲーム通してのポイント


まず何よりも気にするべきポイントは「音」です。
足音、スナイパーの射撃音、敵のセンサーダートの音、シャッターの開く音…これらは敵が近くにいるということなのでどこから音がしたのかを気にしていきましょう。
音から把握できる情報はとても多く、状況によっては生死を分けることもあります。
逆にこちらの「音」も相手に情報を与えることとなってしまうので、敵のみならず自分の音にもしっかり気を遣うことで先を読んでいきましょう。

 

シーン毎の戦い方

・序盤


降下地点ですが、初心者は人の少ないであろう地名のついてない場所に降りるのがベストだと思います。
一番つらいのは始まってすぐにアイテムを取れないまま別のプレイヤーに見つかって一方的にやられるということなので、人の少ない場所でアイテムを揃えていきましょう。

逆に腕に自信のある中級者以上のプレイヤーは人が集まる激戦区になる場所に降りて、ガンガンキルを取っていきましょう。
拾えるアイテムだけでは終盤の激戦で自分から状況を作っていくということが難しくなってくるので、他プレイヤーを倒して序盤からパーク等を揃えていけるようにしましょう。

・中盤


セーフゾーンの収縮が始まっていき、段々とフィールドが狭くなっていきます。
フィールドが狭くなるということは会敵する確立があがるということなので、初心者はバギー等の乗り物を使っていち早くセーフゾーンに移動していきましょう。
先回りしてしっかり索敵し、キルを取っていくことも視野に入れた動きを展開していきましょう。

中級者以上のプレイヤーはセーフゾーンが収縮していくギリギリを移動していき、収縮であぶり出されていく敵をキルしていくよう心がけましょう。
ここのキルで得たアイテムが終盤の戦局に効いてきます。

・終盤


終盤まで来るとプレイヤーの習熟度が違っても動きはそこまで変わらなくなってきます。
強いていうなら初心者はとにかく後ろを取られないように高所を取れるように動いていきましょう。
数が少なくなっている終盤では敵の位置を把握すことが何よりも大事。高所を取って相手の動きを把握し、ここぞというところで落としていきましょう(いわゆる漁夫るプレイ)。
しかし敵は一人じゃないのがバトルロイヤル、無理して追うことで逆にやられたら元も子もないのでほどほどにしていきましょう。最後の一人を倒せばそれでも優勝です。

ここまでキルを取ってアイテムを集めてきた熟練者の方々はアイテムを総導入して有利な状況を自分から作っていき、テリトリーを広げていくことで安定した勝利を目指していけるのではないかと思います。

・まとめ

ここまでをざっくりとまとめると、
初心者はアイテムを回収しつつ、まずは終盤までの生き残りを目指しましょう。
他のプレイヤーの動きを見ていくことでわかることがたくさんあるので1秒でも長く生き残っていくことです。
逆に中級者以上のプレイヤーだったら拾得によるアイテムだけでなく、キルを中心に強いアイテムを確保して戦局を自ら作っていけるようなプレイをしていきましょう。

 

キープすべきアイテムとパーク


【アイテム】

・コンカッション
・センサーダート
・クラスターグレネード

【パーク】

・デッドサイレンス
・アウェアネス
・強化
・ドリフター

ソロとチームそれぞれの立ち回り


ソロとチームでは立ち回りが大きく変わってきます。
ソロであれば、まずは建物の中を通らないようにすることが一つのポイントになってきます。
建物の中で待ち伏せしているプレイヤーは非常に多く、入ってきた音を頼りにこちらを狙ってきます。
チームであればお互いでカバーし合うことが出来ますが、ソロだと入っていく間に後ろに回られたりする可能性が非常に高いのでなるべく避けていきましょう。

チームであればお互いがカバーできる位置にいることが大事です。
味方が前へ進んでいる時、それを追う敵がいたら後ろからカバーしてあげたり、お互いの視界が及ばない部分をクリアリングしてあげましょう。
しかしながらコンカッションで揃って全滅とかになってしまうと元も子もないのである程度の距離を保っていた方が壊滅の危険は少なくなります。VCとかでコミュニケーションを取りつつ状況によって判断していきましょう。

終わりに


いかがだったでしょうか。
既に幾つかの解説動画や記事が出てきている中でも非常に実戦的な内容だったのではないかと思います。
勿論戦い方はこれだけではなく、状況やチームそれぞれで変わってくることもあると思います。
もし今回の解説が参考になったら、これをベース皆さんそれぞれの戦い方を見つけていってくれることを願っております。
そして、この記事を読んでくれたプレイヤーが「Libalent Vertex」のメンバーと対戦する日が来ることも楽しみにしています。
それではまたいつか戦場でお会いしましょう!

 

◆お問合せ先◆
株式会社ベルロックメディア 担当:古内/二村
TEL:03-5155-0460
e-mail:info@bellrockmedia.com